ここから本文です

【MLB】青木宣親の2000安打達成に本拠地は総立ち 「ヒューストンのファンが称賛」

6/12(月) 13:31配信

Full-Count

大台到達で本拠地は感動的な雰囲気に、同僚アルトゥーベはベンチの最前線で拍手

 アストロズの青木宣親外野手が、11日(日本時間12日)の本拠地エンゼルス戦で4打数3安打1打点1得点と活躍。2安打目のレフト前ヒットで日米通算2000安打(NPB1284本、MLB716本)に到達した。本拠地ミニッツ・メイド・パークはスタンディングオベーションに包まれる感動的な雰囲気に。地元メディアも「本当に素晴らしい拍手」と伝えている。

イチロー、松井、中村紀も…日本人の日米通算2000安打達成者一覧

 青木は4回の第2打席で一時勝ち越しの適時二塁打をマーク。王手をかけて、6回の第3打席を迎えた。先頭で打席に入ると、ヒューストンで試合を中継していた地元テレビ局「ルート・スポーツ」の実況は「日本にいる多くの人がこのイニングに非常に注目しています。なぜなら、ノリ・アオキが先ほどの打席で右中間にニ塁打を放ったからです。ノリは2000本まで1本と迫っています」と紹介した。

 青木は左腕アルバレスの94マイル(約151キロ)の直球をレフト前に運ぶ。ついに大台に到達すると、主力選手のアルトゥーベはベンチの最前線で体全体を使って大きな拍手。球場内のスコアボードで偉業達成が紹介され、スタンドはスタンディングオベーションに包まれた。

「おめでとう、ノリ・アオキ」「自動的に”Meikyukai”入り」

 青木は満面に笑みを浮かべ、一塁ベース上で脱帽。笑顔で手を振り、その後、両手を上げて歓声に応えると、解説者は「ヒューストンのファンが日米通算2000本安打達成を称賛しています。おめでとう、ノリ・アオキ」と祝福した。
 
 さらに、敵地で試合を中継していた「FOXスポーツ・ウエスト」の実況も「(ファンは)すでに立ち上がり、この左翼手に拍手を送っています」と感動的なシーンについて伝え、解説者は「本当に素晴らしい拍手ですね」と言及。実況は「自動的に”Meikyukai(名球会)”入りです」と紹介することも忘れなかった。

 日米通算2000安打は日本人では7人目の偉業。「ルート・スポーツ」の中継では、スタンドで喜ぶ佐知夫人の姿も何度も捉えられるなど、現地での注目度も高かった。青木はこの試合でさらに1安打を加えて、日米通算2001安打に。新たな一歩を踏み出した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/12(月) 13:31
Full-Count

スポーツナビ 野球情報