ここから本文です

超必見! 44歳フィーゴが慈善試合で“トンデモFK”叩き込む「ノイアーでも止められないはず」

6/12(月) 17:01配信

theWORLD(ザ・ワールド)

“あの頃”を思い出させる一撃

ルイス・フィーゴを愛する全ての者にとって、最高のひと時が訪れた。レアル・マドリードやインテルで活躍したポルトガルの英雄が、ローマとのチャリティーマッチで“あまりにも美しい”FK弾を叩き込み、その右足に再びスポットライトを集中させている。

【動画】永久保存版! 英雄フィーゴが決めた現役時代そのままの直接FK弾シーン

フェルナンド・モリエンテスにロベルト・カルロス、ミチェル・サルガド、そしてロナウド・ルイス・ナザリオ・デ・リマ。サンティアゴ・ベルナベウに集結した数々のスーパースターが、ローマのレジェンドチームと激突すると、1点リードで迎えた36分のことだ。ボックスエリア前やや左寄りの“おいしい位置”で直接FKのチャンスを得た44歳のフィーゴが、絶妙なカーブをかけた美しいシュートを放つと、ボールはそのままネットへと吸い込まれ、7万人近いサポーターを興奮させた。

その後もレアルは“アタッカーの”ロベルト・カルロスやモリエンテスらが活躍し、最終的に4-0とローマを粉砕。もちろん現役時代よりも少しだけ丸みを帯びたロナウドも大きな歓声を浴び、慈善試合に華を添えたことは言うまでもない。マドリディスタにとっても、ロマニスタにとっても記憶に残る一戦となったはずだ。

なお、フィーゴによるFKシーンに対してはSNS上で次のようなコメントが寄せられている。

「あのカーブはGKは成す術がない」

「まずフィーゴは太っていないことが素晴らしい。隣にいる誰かさんとは違って……」

「あのシュートはノイアーでも止められないはずだ」

「なぜ銀河系と呼ばれていたかが分かる一撃だ」

http://www.theworldmagazine.jp