ここから本文です

加治遥、坂田季美佳ら日本勢5人が予選を突破 [甲府/女子テニス]

6/12(月) 23:00配信

THE TENNIS DAILY

「富士薬品セイムス ウィメンズカップ in 甲府」(山梨県甲府市・山梨学院横根テニス場/本戦6月13~18日/賞金総額2.5万ドル/ハードコート)の予選2日目は、シングルス予選決勝8試合が行われた。

日比万葉が日本での初タイトルを獲得、ダブルスはハン・ナレ/クンクンが優勝 [甲府国際オープン女子]

 シングルス予選は64ドローで争われ、第2シードの加治遥(島津製作所)、第6シードのミカエラ・ハート(オーストラリア)、第10シードのアレクサンドラ・ボジョビッチ(オーストラリア)、第15シードの坂田季美佳(山梨学院高等学校)、高橋玲奈(亜細亜大学)、15歳の内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)、石野碧(山梨学院大学)、ナオミ・チョン(アメリカ)の8人が本戦入りを決めた。

 6月13日(火)から本戦がスタートする。初日は10時00分から、シングルス1回戦6試合とダブルス1回戦6試合が予定されている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

【シングルス予選決勝】

○8坂田季美佳(山梨学院高等学校)[15] 6-3 6-2 ●3西里夏子(山梨学院大学)

○9加治遥(島津製作所)[2] 7-6(6) 6-1 ●13塩谷夏美(ひばりヶ丘新豊テニスクラブ)

○18高橋玲奈(亜細亜大学)6-1 6-0 ●21宗公美(東京都TA)

○26ナオミ・チョン(アメリカ)4-6 6-3 6-0 ●29安部有紗(山梨学院大学)[WC]

○37内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)[WC] 6-1 6-2 ●33小関みちか(フリー)[5]

○41ミカエラ・ハート(オーストラリア)[6] 6-1 6-3 ●45原口沙絵(山梨学院大学)

○54石野碧(山梨学院大学)2-6 6-4 6-4 ●49藤原里華(北日本物産)[7]

○64アレクサンドラ・ボジョビッチ(オーストラリア)[10] 2-6 6-1 6-1 ●57ジェシー・ ロンピス(インドネシア)[8]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6/13(火) 18:49
THE TENNIS DAILY