ここから本文です

選手、スタッフも大幅交代 ミランの積極的な夏にスペイン紙も「レボリューション」と注目

6/12(月) 18:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

来季はトップ3に入れるか

ミランがチャンピオンズリーグの舞台に戻ってくるかもしれない。今夏ミランは積極的な補強に動いているが、イタリアと世界を代表するクラブの大胆改革に世界も注目している。

本田の後釜はこの男?

スペイン『MARCA』は「ミラン・レボリューション」と伝えており、ここまでの大胆な動きに注目している。選手ではビジャレアルからDFマテオ・ムサッキオ、アタランタからMFフランク・ケシエ、ヴォルフスブルクからDFリカルド・ロドリゲスを獲得。さらに選手だけに限らず、クラブ内部の動きも激しい。

ミランはすでにロベルト・カペッリ、レンシュオなどクラブ役員にも新たな人物が就任しており、メディカルスタッフやディレクターなど計16 名が交代しているのだ。まさに大幅改革という言葉が正しい。

さらに同メディアは今後も実力ある選手たちが加入する可能性があると注目しており、ラツィオのルーカス・ビリアやケイタ・バルデ、アタランタのアンドレア・コンティ、PSGのグジェゴジ・クリボビアク、ポルトのアンドレ・シルバ、チェルシーのジエゴ・コスタなどの名前を挙げている。この中から数名が加入するだけでも大きな戦力アップとなり、今季ヨーロッパリーグの出場権を掴んだチームは来季こそチャンピオンズリーグ出場圏内に入れるかもしれない。その動きには世界も注目しており、また強いミランが欧州最高峰の舞台でライバルになる可能性があると危険視していることだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報