ここから本文です

伊代表に“小さな新10番”が誕生! リヒテンシュタイン戦で圧倒的なパフォーマンスを披露

6/12(月) 20:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

「ナポリでおこなってきた努力のおかげ」

11日にロシアW杯欧州予選が行われ、グループGで2位のイタリア代表は最下位に沈むリヒテンシュタイン代表をホームへ迎え入れた。

試合は、前評判通り序盤から優位に進めるイタリア。若きエースのアンドレア・ベロッティや途中出場を果たしたエデルなどのゴールで最終スコアを5-0とし、リヒテンシュタインに完勝した。ただ、勝ち点で並ぶ首位スペインもこの日、マケドニアに2-1で勝利したため、首位浮上はならず。しかし、得失点差を4点差まで縮め、スペインをきっちり追走している。

マルコ・ヴェッラッティが代表を負傷離脱したこともあり、リヒテンシュタイン戦で10番を背負ったナポリFWロレンツォ・インシーニェ。貴重な先制点に2点目のアシスト、度重なる決定機の演出など、この一戦で圧倒的なパフォーマンスを披露した彼が、伊「Rai Sport」の試合後のインタビューに応じ、次のように語った。

まず、リヒテンシュタイン戦を「少しだけ気持ちが先走りすぎてしまった。だから、序盤は行き詰まってしまったよ。ただ、後半はよりリラックスすることで、うまくプレイすることができていたね。先制点を奪えたことは嬉しかったよ」と振り返った上で「9月のスペイン戦は厳しい試合になるだろう。ただ、僕らは彼らに問題を引き起こさせ、彼らの翼を折ることができるはずだ」と意気込みを語っている。

さらに「イタリア代表の10番を背負えたこと誇りに思う。これが実現したのも、ナポリでおこなってきた努力のおかげだね。このクラブにとどまり続けることが僕の夢なんだ。契約を延長できたことは、本当に嬉しかったよ」と述べた。

イタリア代表に誕生した「小さな新10番」。9月に行われるスペインとの大一番でも、キーマンとなるかもしれない。再び輝きを放ち、チームを勝利へと導くことができるのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合