ここから本文です

オコン「ペレスの動きはフェアじゃない。とても危険だった」:フォース・インディアF1内バトル問題

6/12(月) 17:16配信

オートスポーツweb

 2017年F1カナダGP決勝で、フォース・インディアのセルジオ・ペレスは5位、エステバン・オコンは6位だった。終盤、3位のダニエル・リカルドを抜けずにいるペレスに、チームはよりフレッシュなタイヤを履くオコンを前に出すよう指示したが、ペレスは拒否、最終的にふたりはセバスチャン・ベッテルに抜かれ、それぞれひとつずつ順位を落とす結果になった。

2017年F1第7戦カナダGP セルジオ・ペレスとエステバン・オコン(フォース・インディア)がバトル。結果、ダニエル・リカルドとセバスチャン・ベッテルに逃げられることに

■サハラ・フォース・インディアF1チーム
エステバン・オコン 決勝=6位
 チーム全体で今日は貴重なポイントを稼いだけれど、僕自身はこの結果に少し不満を持っている。表彰台が可能だったんじゃないかと思うからだ。

 でもこれがレースなのだし、ポジティブな面を見なければ。今日のマシンはとても素晴らしくて、フェラーリやレッドブルと戦うことができた。それはすごいことだよ。今日のようなレベルで戦えるのはこれが最後ではないと思っている。最高の気分だったし、すごく楽しいレースだった。

 チームの全員が素晴らしい仕事をした。こんなに速いマシンを用意してくれたんだ。今日の仕事と獲得したポイントを、僕らは誇りに思っていい。

(ペレスとのバトルについて聞かれ)どちらかというと、彼の動きの方にいらいらした。フェアじゃなかったんだ。

 高速走行時にぎりぎりになってから動いた。そのせいでふたりともリタイアする可能すらあったと思う。僕、彼、チームの全員にとって恐ろしい結果になりかねなかった。

 最高のレースだったけど、リカルドを抜くチャンスを得られなかったことだけが残念だ。僕にはそれだけのペースがあったと思う。つまり、今日は表彰台も可能だったんだ。

 レースではこういうことも時にはあるから、ミーティングの時に話し合う必要がある。

 でもいつか僕にもチャンスがめぐってくると思う。 

[オートスポーツweb ]