ここから本文です

[関東]順大が上位対決を制して2位浮上!!流大はMF渡邉新太2発も及ばず…

6/12(月) 21:59配信

ゲキサカ

[6.11 関東大学1部L第9節 順天堂大3-2流通経済大 東金]

 第91回関東大学サッカーリーグ戦1部リーグ第9節の2日目が11日に行われ、東金アリーナの第1試合では3位の順天堂大が2位の流通経済大に3-2で勝利し、順位の入れ替えに成功。前節、今季初黒星を喫した影響で3位へ後退していたが、わずか1節で戻ってみせた。2戦勝ちなしの流大は、首位と勝ち点4差の3位へ下げている。

 開幕当初から関東1部における優勝争いは“筑波大、流通経済大、順天堂大”との声が高く、順大の堀池巧監督も流大の中野雄二監督もそう口にしていた。実際に第8節までを終えた時点で、この3校が首位から順に並んでおり、直接対決は優勝争いを占う上での大事な一戦。前期リーグも残るは3試合となり、順大が勝ち点15の3位、流大が勝ち点16の2位で対峙した。

 試合は開始5分にいきなり動く。MF米田隼也(4年=静岡学園高)から左サイドで受けた左SB毛利駿也(4年=山梨学院高)がスルーパス。受けたFW浮田健誠(2年=柏U-18)が右足で流し込み、順大が先制する。

 その後も終始順大ペース。前半15分には素早いリスタートから開幕戦以来の先発となったFW旗手怜央(2年=静岡学園高)がPA左からシュート。これは枠を外れる。同22分にはMF名古新太郎(3年=静岡学園高)の縦パスを旗手がはたき、最後はPA左の米田がシュートも、GKオビ・パウエル・オビンナ(2年=JFAアカデミー福島)に止められた。同28分には旗手がスタンドをどよめかせる強烈な一撃。カウンターから前には味方も走り込むなか、自身がフリーと見るや否や迷わず右足ミドル。GKオビの好セーブに阻まれた。

 一方の流大は前半20分過ぎまで、見せ場はない状況。MF渡邉新太(4年=新潟ユース)が「試合前の声かけなどは少ししているんですが、試合の入りがめちゃくちゃ緩くなってしまった」と悔やんだように、浮き足立って試合へ入ると早々失点。その後もボールをつなげずにミスを頻発。サイドに散らしては、中へ切れ込んでいく場面もあったがシュートでは終われない。

 前半23分にはハーフウェーラインを過ぎた位置でMF守田英正(4年=金光大阪高)が身体を張ってボールを進め、受けたMF石田和希(4年=流通経済大柏高)が前へパス。渡邉がシュートを打つもクロスバー上へ外れた。同27分には渡邉の突破で得たPA手前左でのFKをSB小池裕太(3年=新潟U-18)がファーヘ入れるもクリアされた。0-1で前半を折り返す。

 迎えた後半は計4ゴールが生まれる展開に。開始から立て続けにチャンスメイクした順大だが、精度を欠くとネットを揺らせない。後半5分にはカウンターから仕掛けた旗手がDF二枚を背負いながらミドルを放つもポスト左を叩いた。

 すると後半11分に流大が同点弾。守田からのパスでPA正面へ抜けたフリーの石田が相手を引き付け、左へ流す。受けた渡邉がPA内へ前進し、右足で巻くようなシュートでゴールネットを揺らした。

 一気に逆転といきたい流大だったが、後半14分に痛恨のオウンゴール。順大が名古、MF室伏航(4年=市立船橋高)とつなぎ、左サイドへ抜けた米田が縦へ仕掛ける。鋭い突破からのクロス。ゴール前へ走り込んだ流大CB田中龍志郎(4年=習志野高)がスライディングでクリアしたボールはそのままゴールイン。順大が2-1と再び勝ち越した。

 田中は「ポジションを横着してしまい、もう触らないと入れられてしまう状態で、ぎりぎりのところに足を伸ばしてのオウンゴールでした。前向きの状態でクリアできれば……」と悔やんだが、守護神のオビは「龍志郎さんが全力でやったプレーなので責められない。もっと自分もゴールに来るかもしれないと考えを持っていたら反応できたかも」と先輩CBを庇い、反省を口にした。

 このオウンゴールで流れは順大へ。後半31分にはダメ押しの3点目。ゴール正面で獲得したFKを名古が右足でゴール左へ突き刺した。なんとか食らいつきたい流大は同43分、途中出場のMF渋谷峻二郎(3年=流通経済大柏高)が放ったシュートのこぼれに詰めていた渡邉がPA右から決め、3-2。再び1点差にすると、同45分には右SBへ回っていた守田のサイドチェンジから小池が強烈な左足シュート。無情にもポスト左角を叩く。3-2で試合は終了。終始リードした順大が勝利を飾った。

 流れを変えたオウンゴールを誘発した順大の10番・米田は「昨日の試合で(首位の)筑波が勝っていたので絶対に負けられないと思っていた」と勝利に安堵の表情を浮かべつつ、「ただ攻撃陣が決めるところを決めていればもっと楽に勝てたかな」と課題も挙げる。

 一方で、優勝するためには年間で勝ち点「50」が必要と捉える流大は、第9節から3連勝を果たし、勝ち点25で前期を折り返すはずだった。しかし“予定外”の敗戦で勝ち点16で足踏み。CB坂圭祐(4年=四日市中央工高)とCB村松航太(2年=清水ユース)の連動した守備を前に、仙台内定FWジャーメイン良(4年=流通経済大柏高)はシュート0本。見せ場をつくれなかったことが響いた。

 2点を挙げた渡邉は「研究されているので、そこを俺らが上手くフォローできれば」とジャーメインを気遣いつつ、「残り2節は絶対に落とせない。ラスト2連敗はしないように、2連勝が絶対条件」と強く誓っていた。

最終更新:6/13(火) 12:09
ゲキサカ