ここから本文です

立大OB長嶋さん「胴上げ見られてうれしかった」

6/12(月) 13:07配信

日刊スポーツ

<全日本大学野球選手権:立大9-2国際武道大>◇11日◇決勝◇神宮

 5度目出場の立大(東京6大学)が、59年ぶり4度目の日本一に輝いた。

【写真】立大4年時の長嶋氏の打撃フォーム

 立大OBの巨人長嶋茂雄終身名誉監督(57年の4年時に「4番三塁」で3打数1安打2敬遠で優勝。神宮球場で学生野球を観戦するのは初)のコメント

 「胴上げを見られて非常にうれしかった。監督、選手が一体となってバランスが取れてまとまっていた。大東くんはプロ野球で見るような打撃。下手投げの中川くんは、しっかりコースに投げ分けて相手打線も戸惑っていた。かつて学生野球に携わった身としては当時に戻った気持ちになった。日本一になり、ますます良い方向へ行ってほしい」。

最終更新:6/12(月) 14:01
日刊スポーツ