ここから本文です

立正大15季ぶり1部復帰に王手「連勝で行きたい」

6/12(月) 16:25配信

日刊スポーツ

<東都大学野球1、2部入れ替え戦:立正大5-1専大>◇12日◇神宮

 立正大(2部1位)が5-1で専大(1部6位)に先勝し、10年春以来15季ぶりとなる1部復帰に王手をかけた。

 6回まで無安打だった打線が7回、1死後の四球をきっかけに安打、死球で満塁とすると、5番の小畑尋規捕手(4年=北照)が左前打して2点を奪った。この回、4安打を集め、押し出し、犠飛もあって5点を奪った。

 坂田精二郎監督(42)は「我慢して(7回に)チャンスをもらった。連勝で行きたいが、簡単にはいかない。それが東都です」。3年前(14年春)の入れ替え戦では青学大に敗れただけに、満足はしていなかった。

最終更新:6/12(月) 16:32
日刊スポーツ