ここから本文です

そうだ社員に株を買ってもらおう-中国式「自社株買い」じわり拡大

6/12(月) 9:06配信

Bloomberg

中国の小規模企業は自社株を1株も買わないで株価を引き上げる方法を見つけた。

資金繰りに苦しむ小規模企業は最近の中国本土株下落で打撃を受けた後、社員に対し公に自社株を買うよう促している。損失が生じた場合は幹部、通常は会長が補填(ほてん)する約束をしている。

こうした形の「自社株買い」を社員に促した企業は今月に入って少なくとも23社で、大半は深圳証券取引所の上場企業。2015年の株式相場急落時の数に近づいた。「自社株買い」発表当日または翌営業日のこれら企業の株価上昇率は平均5.6%と、こうした措置は功を奏しているようにみえる。

しかし交銀国際の洪灏チーフストラテジスト(香港在勤)はこの手法について、バリュエーションを膨らませる当座しのぎの策にすぎないと指摘。「こうした企業が真にすべきことは経営の強化で、株価の下支えではない」と述べ、苦言を呈している。

原題:Stock Buybacks, China Style: Get Your Workers to Buy Shares (3)(抜粋)

Amanda Wang

最終更新:6/12(月) 9:06
Bloomberg