ここから本文です

ロシア野党指導者、市民に抗議デモ参加呼びかけ

6/12(月) 16:46配信

BBC News

ロシアの野党勢力の指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏は11日、首都モスクワで開催予定の抗議デモに参加するよう市民に呼びかけた。

ナワリヌイ氏は当初、別の場所でデモ開催の許可を得ていたが、当局が参加者たちを「侮辱しようとした」として、モスクワ中心部で開くことを決めた。

ロシア検察は、あらゆる無許可デモは警察が取り締まると警告した。

複数の小規模デモがロシア極東地域の複数都市で開かれたとの情報がある。

2012年にナワリヌイ氏が主導した抗議活動では、数百人のデモ参加者が逮捕された。当時は、ドミトリー・メドベージェフ首相の汚職疑惑を指摘したナワリヌイ氏の報告書を受け、10代の若者を含む数千人がロシア全土で開かれたデモに参加した。

12日に予定されるデモは、ロシア最高指導部の汚職疑惑に対する国民の怒りの程度を示すものになると受け止められている。また、来年予定される選挙でウラジーミル・プーチン大統領の敗退を目指すナワリヌイ氏が、どれくらい支持を集められるかの試金石にもなるとみられている。

ナワリヌイ氏は市民にデモ参加を呼びかける文書で、「私は変革を求めています。近代的で民主的な国家に住みたいと願っています、我々が収める税金が道路や学校、病院になって、ヨットや宮殿、ワイン畑にはならないのを願っています」と述べた。

元弁護士のナワリヌイ氏は、抗議活動で主導的な役割を担ったために投獄された経験がある。今年4月には、緑色の液体を顔にかけられ視力を一部失っている。

(英語記事 Russia Putin: Navalny urges people to join anti-corruption protests)

(c) BBC News

最終更新:6/12(月) 16:46
BBC News