ここから本文です

美少女チェリストのNana、ディズニーとコラボした新作を発表 ジャッキー・チェンとのデュエットも

6/13(火) 18:05配信

CDジャーナル

 台湾出身の女性歌手、欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)の姪にあたり、2016年4月に日本デビューを果たした美少女チェリストで女優のNana(ナナ / 欧陽娜娜)が、7月26日(水)に前作から約1年半ぶりの2ndアルバム『Cello Loves Disney』(UCCS-1217 3,000円 + 税)をリリース。ジャッキー・チェンとのデュエットが収録されることも発表されています。

 本アルバムは、上海ディズニーランドの音楽大使も務めるNanaがディズニーとコラボした作品で、ディズニーの名曲から8曲を選曲。ブルガリアで収録され、初めてオーケストラとのチェロ演奏を披露しています。

 スペシャル・ボーナス・トラックとして、ジャッキー・チェンと中国語でデュエットしたディズニーの名曲「ホール・ニュー・ワールド」も収録。本国で今年12月に公開されるジャッキーの主演映画『Bleeding Steel』(原題)にNanaがジャッキーの娘役として出演したことがきっかけで、Nanaからデュエットのオファーをしたとのこと。Nanaは今回のデュエットについて「私にとって、アイドルとしての憧れの存在。ほかにいない伝説的人物です。以前から、歌が上手だと知っていました。彼と一緒に〈ホール・ニュー・ワールド〉北京語ヴァージョンをレコーディングできたことに、とても興奮しています」と語っています。

 上海ディズニーランドとNanaとのコラボ・ビデオも上海ディズニーランドの秒拍(中国の大手動画サービス)公式アカウントで公開。この動画では、Nanaがミッキーマウスやドナルドダックと一緒に登場して「Let It Go」を披露しています。

最終更新:6/13(火) 18:05
CDジャーナル