ここから本文です

「投票、興味持てた」 下田高南伊豆分校生が選挙事務

6/13(火) 13:30配信

伊豆新聞

 県立下田高南伊豆分校の3年生3人が南伊豆町役場の県知事選(25日投開票)期日前投票所で、臨時職員として選挙事務をしている。10、11、17、18日の4日間、主権者教育を兼ね投票受け付けなどを行う。

【伊豆の夏アイス】ここでしか食べられないご当地アイス、大集合!

 投票年齢が引き下げられたことを受けた町の取り組みで、前年の参院選に続き2回目。日当と交通費が支給される。10、11日は渡辺貴大君(18)と平山シュリ君(17)の2人が業務にあたり、パソコンで名簿を確認するなど忙しく働いた。

 渡辺君は「投票に興味を持てた。自分たち高校生や将来のことを考えてくれる人へ25日に一票を投じたい」、平山君は「緊張したが、選挙のことがいろいろ分かった。18歳になったら意見をしっかり聞いてくれる人に入れたい」と述べた。

 17、18日は渡辺君、平山君と鈴木真胡さん(17)の3人が投票所で働く。

 【写説】選挙事務をこなす平山君(左)と渡辺君=南伊豆町役場

最終更新:6/13(火) 18:14
伊豆新聞