ここから本文です

セイコーからワールドタイム×GPSソーラー、軽量・高耐食のチタン製「ランドマスター グレートトラヴァース」

6/13(火) 9:00配信

アスキー

過酷な極地環境に身を置くユーザーから熱い支持を得てきたセイコーウオッチの「ランドマスター」シリーズから、GPSとソーラーで正確な時刻な時刻表示にこだわり抜いた新モデル「グレートトラヴァース」が登場。

 セイコーウオッチは6月12日、スポーツウオッチブランド「プロスペックス」のGPSソーラーウオッチ「ランドマスター グレートトラヴァース」を発表した。発売日は7月8日で、価格は29万1600円。
 
 ランドマスターは、高い堅牢性と信頼性で登山家や極地探検家などに支持されてきたシリーズ。新製品はGPS衛星からの電波を受信して緯度・経度・高度を特定し、地球上の様々な地点からすばやく現在地の正確な時刻を表示する。特に高山や洋上など、携帯電話などの電波が届かないエリアでその効果が得られるという。また、ソーラー充電機能を搭載しており、電池切れの心配も定期的な電池交換や外部充電も必要ないとしている。
 
 ケースは20気圧防水仕様のチタン製、JIS耐磁時計1種。軽量・高耐食で装着感にも配慮したとしている。ベゼル部にはカーキ色のセラミックスを採用し、タイムゾーンをあしらったした。
 
 手首の自由な動きとウェア脱着時の引っ掛かり防止のため、リュウズとボタンは12時位置に配置。グローブをしたままでも操作しやすい大型のパーツを採用し、滑りにくいようにローレットを刻んでいる。バンドはケースと同じチタン製で、ウェア上でも装着できるようにエクステンダー機能を搭載している。
 
 視認性を高めるために大型のダイヤルデザインを採用しているほか、サファイアガラスにはスーパークリアコーティングを、インデックスと針には暗所で長時間発光するルミブライトそれぞれ施した。基本時計と3時位置の小時計の時針はオレンジとし、判読性を高めている。
 
 そのほかデュアルタイム表示機能や40タイムゾーンのワールドタイム機能、2100年2月28日までのパーペチュアルカレンダーやDST(サマータイム)機能を搭載。主な仕様は、ムーブメントはキャリバー8X53。時間精度は平均月差±15秒。ケースサイズが外径48.8mm、厚さ15.2mm。
 
 
文● 天野透/ASCII

最終更新:6/26(月) 12:38
アスキー

Yahoo!ニュースからのお知らせ