ここから本文です

【函館SS】セイウンコウセイ北で始動 秋を見据えて“スポット”参戦

6/13(火) 6:03配信

デイリースポーツ

 「函館SS・G3」(18日、函館)

 函館スプリントSに同年の高松宮記念勝ち馬が参戦するのは04年サニングデール(6着)以来13年ぶり。この路線選択はまれではあるが、セイウンコウセイはサマースプリントシリーズを狙いにきたわけではない。

 上原師が説明する。「これくらいの時期に1度使いたいけど、まだ馬が若いので、安田記念は荷が重いだろうと。北海道で休ませたいし、56キロで使えるなら」。施行時期と斤量設定、函館という地理的条件が陣営の意図と合致した。

 無論、大目標はスプリンターズS。アイビスSD、キーンランドCと、函館を拠点とし移動を最小限にとどめたシリーズ3戦参戦のローテも存在するものの、あくまで同馬の函館参戦は秋への一里塚だ。

 調整も順調。7日に美浦で1週前追いを消化して、10日に函館へ移動した。「函館では調整程度だから、1週前にラスト1Fをしっかりやった。G1馬になって自信をつけたのか、少ししっかりしたんじゃないかな」とトレーナー。さあ、受けて立つ立場での始動戦だ。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ