ここから本文です

<WOWOWオリジナルドキュメンタリー>「ノンフィクションW  カメラを持ったミューズ~インド映画撮影監督・中原圭子~」ボリウッドの日本人撮影監督に密着

6/13(火) 17:30配信

まんたんウェブ

 WOWOWは「WOWOWオリジナルドキュメンタリー」枠として、「ノンフィクションW」と「国際共同制作プロジェクト」の2番組を両輪に、国内外のさまざまなテーマを扱ったオリジナルのドキュメンタリー番組を放送している。6月18日午後9時からWOWOWプライムで放送される「ノンフィクションW  カメラを持ったミューズ~インド映画撮影監督・中原圭子~」の番組プロデューサーを務めるWOWOW制作部の高田亜美プロデューサーに、番組の魅力を聞いた。

【写真特集】ボリウッドで活躍する日本人撮影監督、中原さんの現場の様子

 ――番組の概要と魅力は?

 インド映画(通称:ボリウッドムービー)界で、いま一番活躍をしている撮影監督の中原圭子さんに密着しました。ボリウッドでは唯一の外国人かつ女性の撮影監督です。それもたった5年でトップに上り詰めたという実力の持ち主。彼女がボリウッド界にもたら

した新しい創造の秘訣(ひけつ)と、そこに至るまでのヒストリー、そして新作の撮影現場に密着しました。

 ――今回のテーマを取り上げたきっかけと理由は?

 過去250本におよぶドキュメンタリーを放送してきた「ノンフィクションW」ですが、実はこれまでボリウッドを取り上げたことがありませんでした。インド映画というとまだまだ日本ではポピュラーではありませんが、実際は年間の製作本数は他国に大きく差をつけて1位。WOWOWには多くの映画ファンの視聴者がいらっしゃいますし、日本で配給されたボリウッドムービーの放送もしています。インターネットの記事で彼女のことを知ったディレクターの富山拓也さんによる企画書がきっかけで彼女を知り、“映画のWOWOW”としてもぜひチャレンジしたい内容だと思いました。

 ――制作中、一番に心がけたことは?

 撮影現場のシーンを特にスタッフ全員で何度も何度も考えて構成していきました。激怒する監督、本番直前まで届かない機材……。トラブルにつぐトラブルを中原さんがしなやかに解決していきます。また彼女の真骨頂である手持ちカメラでの撮影風景がとにかく視聴者に伝わるように、丁寧に組み立てていきました。

1/2ページ

最終更新:6/13(火) 18:15
まんたんウェブ

Yahoo!ニュースからのお知らせ