ここから本文です

小出淫行騒動の真っ最中…狩野英孝に「復帰早すぎる」の声

6/13(火) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 今年1月に女子高生との淫行疑惑で謹慎処分を受けていた狩野英孝(35)が、10日、所属事務所のライブに復帰。翌11日には「久々の舞台、ネタ、めちゃくちゃ緊張したけど、楽しかったです。手や足の震えがお客さんにバレないように、必死に抑えてました」と現場復帰のうれしさをツイートした。

 くしくも9日、小出恵介が狩野と同じく淫行疑惑をフライデーで報じられたばかり。媒体も内容も同じ。この無駄に“神ってる”タイミングに「今、舞台に立たなくても……」とマスコミの反応は冷ややかだ。芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。

「事務所の処分が甘すぎると印象づける結果となりました。1日に謹慎解除した手前、事務所は引っ込みがつかなかったのかもしれませんが、ドタキャンしてでも出演を取りやめた方がよかったかもしれません」

 5股恋愛発覚では、加藤紗里(26)という売名キャラまで誕生し、“踏み台芸人”として笑って済ませられたが……。

「女性を傷つけたことは内容いかんを問わず話題にできる内容ではありません。そんな狩野さんをイジれない状況でバラエティーのひな壇起用は難しいですし、何よりスポンサーが嫌がる内容ですから、仕事が来るとは考えられません。それより、実家の神社で1年間修行に徹して禊を済ませる方が得策だと思います」(前出の川内氏)

 テレビ復帰は絶望的のようだ。