ここから本文です

(てんでんこ)皇室と震災:15 まさに象徴

6/13(火) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■声をかけられ、「つらい思いや苦労が一瞬で飛んだ気がしたね」。
 「私の町では漁業、水産関連施設が全滅状態でした。仲間も亡くしました」
 2016年9月、岩手県大槌町の新おおつち漁業協同組合地方卸売市場で、「ど真ん中・おおつち協同組合」理事長の芳賀政和(はがまさかず)さん(72)は天皇、皇后両陛下にこう話した。
 震災後、仲間の水産加工4業者で団体を立ち上げ、全壊した魚市場の跡地でサンマの宅配や新巻き鮭づくりに励んだ。現在は通販を軸に水産加工品を販売する。震災直後は何もする気が起きなかったが、若い漁師が漁具を拾い集め、水揚げをする姿を見て「我々が頑張らないとダメだ」「水産業の復興なくして大槌の復興はなし得ない」と奮起した。……本文:1,874文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社