ここから本文です

【特別映像】魅惑の仮面舞踏会を原作者も絶賛…「そこにいたい」と思わせる場所に

6/13(火) 13:30配信

cinemacafe.net

恋愛未経験だったアナと巨大企業のCEOである大富豪グレイとの関係が、よりエロティックに、よりドラマティックに“深化”する『フィフティ・シェイズ・ダーカー』。このほど、本作の見どころの1つとなる、ゴージャスの限りを尽くした魅惑の仮面舞踏会に迫った特別映像がシネマカフェに到着した。

【画像】『フィフティ・シェイズ・ダーカー』仮面舞踏会の様子

グレイの歪んだ愛の形を受け入れきれず、一度は彼の元を去ったアナ(ダコタ・ジョンソン)。やがて大学を卒業し、出版社に就職し新生活を始める。一方、グレイ(ジェイミー・ドーナン)はこれまでの女性には持つことのなかったアナへの愛情に気づき、「戻ってきて欲しい」とアプローチ。秘かにグレイを思い続けていたアナは喜びを感じながらも、今度はアナのほうから“新たな条件”を要求する。

2人の未来に新しい“刺激的な生活”と“幸福”が広がるかに見えた矢先、突如現れたのは、グレイを特異な世界へと導いた年上の女性ビジネスパートナー、亡霊のような女性ストーカー。また、執拗にアナに迫る出版社の上司など、予期せぬ危機がアナを襲う。そして、グレイの驚愕の過去が、2人の未来を壊すかのように付きまとい…。

世界中の女性を虜にしたE L ジェイムズのデビュー小説の映画化した本作。大ヒットを記録した前作同様に世界的注目を集めている本作から、劇中でもひと際目を引く、仮面舞踏会のシーンに迫る特別映像が到着。

このシーンで、グレイは自身の親がチャリティのために主催した魅惑のパーティーにアナを招待し、2人は刺激的なデートを楽しむことに。どこか別の世界にでも迷い込んだかのように、色鮮やかで神秘的なムードに満ちるなか、煌びやかなドレスとビシっと決めたタキシード、そして素顔を隠して歩く2人の姿は、息をのむほどに超セクシー…!

アナ役を務めるダコタ・ジョンソンは、本作で最も大きく組まれたセットで行われた舞踏会の撮影に感動し、「仮面舞踏会は作品にミステリアスな雰囲気を与えているの。すごく大規模で色がとても鮮やかだったわ」と振り返っている。それもそのはず、火吹きや曲芸師など実際の大道芸人が会場を盛り上げ、さらに200人もの客が全員ベネチアンマスクと華やかな衣装に身を包んだうえ、そのマスク1つ1つに衣装とマッチしたヘッドピースなどがあしらわれるなど、きめ細かなスタッフのこだわりがたっぷり。


この見事なセットを作り上げたプロダクションデザインのネルソン・コ-ツは、自信たっぷりに「準備に6か月かけたシーンをようやく実際に見ることができて、本当に興奮したよ。デザイナーとして、演技の助けになるようなセットを作りたいと常に思っているけど、今回は舞踏会の様子を見て、感激のあまり体内に電流が走った。嬉しかったね」と語る。そのスケールの大きさと華々しい光景には、原作のE L ジェイムズも「豪華で感覚を楽しませてくれる、素晴らしいシーンね。『私もそこにいたい』と思わせるような場所だったわ」と大満足な様子。

ゴージャスの限りを尽くす仮面舞踏会に溶け込む、艶々なグレイとアナのたたずまいを、大きなスクリーンでも堪能してみて。

『フィフティ・シェイズ・ダーカー』は6月23日(金)より全国にて公開。

最終更新:6/13(火) 13:30
cinemacafe.net