ここから本文です

体験型のアニメパーク 7月15日オープン 兵庫の淡路島公園

6/13(火) 21:07配信

神戸新聞NEXT

 人材派遣大手パソナグループの子会社ニジゲンノモリ(兵庫県淡路市)は13日、兵庫県立淡路島公園(同市)内で整備中のアニメの体験型テーマパーク「ニジゲンノモリ」を7月15日にオープンさせると発表した。6月15日午前10時にニジゲンノモリ公式ホームページなどでアトラクションのチケット販売を始める。

 敷地面積約135ヘクタールの広大な淡路島公園の自然と、最新の映像技術を融合。宝塚市ゆかりの漫画家手塚治虫氏原作の「火の鳥」を題材にしたプロジェクションマッピング「ナイトウォーク火の鳥」や、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」のアスレチックコース「クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク」を柱に構成する。キャンプ感覚の宿泊を楽しめる「グランピング」施設も、秋ごろの利用開始をめどに23棟整備する。

 施設は公園内に整備するため入場料は無料だが、アトラクションごとに体験料が必要。7月14日まで、一部のアトラクションには前売り割引価格を適用する。

 「ナイトウォーク-」=大人3300円(前売り3千円)、5歳以上小学生以下1200円(同1100円)▽「クレヨンしんちゃん-」のうち「チャレンジ!アクション仮面飛行隊!」=年齢にかかわらず当日、前売りともに1800円-など。いずれも人数制限があり、日時を指定して予約する。前売り券の利用は8月末まで。当日券は施設内の自動販売機で扱う。

 パーク全体の内容は今後随時追加予定で、アニメ関連の催しやグッズ販売なども計画している。ニジゲンノモリ運営事務局TEL0799・72・3161

(西井由比子)

最終更新:6/13(火) 21:16
神戸新聞NEXT