ここから本文です

【インディ500】佐藤琢磨、賞金2.7億円に「アメリカは夢がある」気になる使い道は?

6/13(火) 21:43配信

TopNews

13日(火)、『第101回インディアナポリス500(インディ500)』で日本人初優勝という歴史的快挙を達成した佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポーツ)が、ホンダのウェルカムプラザ青山で行われた凱旋記者会見に臨んだ。

■賞金はプロとして大きなモチベーション

インディ500に優勝したことで、賞金と地位と名誉を一気に手に入れた佐藤琢磨。その賞金額は2億7000万円以上にもなる。まさにアメリカンドリームだ。

質疑応答で、その賞金について質問された佐藤琢磨は、次のように語った。

「嬉しいです(笑)。プロとして勝ったら対価は必要だと思っています。モータースポーツ界は賞金が不透明ですが、アメリカのインディ500は何十万人の観客の興行収入やスポンサー収入があり、賞金総額が分かりやすいです。ハングリーになっていました」

「プロとして賞金を得るというのは、子どもたちの夢にも繋がる。僕も他のドライバーたちがすごい金額をもらっているのをみて、うらやましいなと思う反面、もっともっと稼いで欲しいと思う。やはり大きなモチベーションになります」

「だけど、お金だけが欲しくてやっているわけではない。2012年の時も2位でゴールしていたら1億円くらいもらえたはずですけれど、勝ちたかった」

「賞金はチームとの契約でパーセンテージが決まっているので全部もらえるわけではないです(笑)。でも、チームメンバーにはお金じゃなくて何か思い出として残るようなものを作って渡したいと考えています。それで残った分は貯金します(笑)」

佐藤琢磨がインディ500優勝記念にどんな思い出の品をプレゼントするのか、楽しみだ。

最終更新:6/13(火) 21:43
TopNews