ここから本文です

福祉介護職新人へ 長谷川穂積さんパンチでエール

6/13(火) 21:30配信

神戸新聞NEXT

 兵庫県内で働く福祉・介護の新入職員を対象にした合同入職式が13日、神戸市中央区の県公館で開かれた。プロボクシングの元世界3階級王者、長谷川穂積さん=西脇市出身=が講演し、エールを送った。

【動画】長谷川さんパンチでエール

 入職式は、施設内で孤立しがちな新入職員が施設外の同期と連帯感を高められるよう、県が初めて主催。官民の施設職員ら約500人が参加した。

 講演で長谷川さんは、試合に負けた経験を例に「失敗を失敗のまま終わらせず経験へと変えれば、後の成功につながる」とアドバイス。壇上でミット打ちを披露すると、出席者から「オー」と大きな歓声と拍手が巻き起こった。

 終盤に新入職員の男性から「仕事で緊張するが、どうすればいいのか」と質問があり、長谷川さんは「真面目に取り組んでいるから緊張する。緊張は必ず必要で、うまく力に変えてほしい」と答えた。

 長谷川さんのパンチをミットで受けた赤穂市の岡本仁歩さん(22)は「パンチから情熱が伝わってきた」と感激。「(講演を聴き)少しずつ将来の目標に向かって進んでいると感じられ、すごく励まされた」と笑顔だった。(阪口真平)

最終更新:6/13(火) 21:56
神戸新聞NEXT

Yahoo!ニュースからのお知らせ