ここから本文です

稀勢の里、土俵での稽古解禁 患部の回復上々「じっくり体作る」

6/13(火) 6:03配信

デイリースポーツ

 大相撲の横綱稀勢の里(30)=田子ノ浦=が12日、都内の部屋で稽古を行い、夏場所を途中休場して以降、初めて土俵に入って、若い衆相手に動きを確認した。負傷した左上腕部の回復は上々。順調なら弟弟子の新大関高安(27)と今週中にも相撲を取る稽古を再開させ、来週、名古屋に乗り込む意向だ。

【写真】途中休場に追い込まれた夏場所の稀勢の里

 立ち合いで左足から踏み込み、伝家の宝刀、左おっつけを“解禁”した。下から横からの動きで患部に強度を加えても問題はなかった。「いいんじゃない。いつも通り」と納得の表情。ぶっつけ本番だった夏場所とは違い入念な調整。「焦る必要はないし、じっくり体を作る。だいぶ調子は上がってきた」と、うなずき、名古屋場所(7月9日初日、愛知県体育館)で完全復活に自信をあふれさせた。