ここから本文です

ホンダ クラリティ EV、米国でリース販売を開始…月々269ドル

6/13(火) 13:15配信

レスポンス

ホンダの米国法人、アメリカンホンダは6月12日、新型EVの『クラリティ エレクトリック』のリース販売を、8月からカリフォルニア州とオレゴン州で開始すると発表した。

画像:ホンダ クラリティ エレクトリック

クラリティ エレクトリックは、燃料電池車の『クラリティ フューエルセル』のEV版。日常ユースでEVならではのクリーンさと、セダンならではの上質で快適な広い室内空間の両方を求める顧客に向けて、新しい価値を提供するモデルとして開発された。

モーターは、最大出力161hp、最大トルク30.6kgm。バッテリーの蓄電容量は、25.5kWh。1回の充電で、最大80マイル(約128km)以上を走行できる。満充電に要する時間は、240ボルトでおよそ3時間。急速充電器を使用すれば、30分でバッテリーの80%を充電できる。

アメリカンホンダはクラリティ エレクトリックのリース販売を、8月からカリフォルニア州とオレゴン州で開始する予定。リース契約は3年で、月々のリース料金は269ドル(約2万9500円)に設定された。

アメリカンホンダのスティーブ・センター副社長は、「ホンダの顧客は、真の5名乗りセダンを求めてきた。手頃なリース価格で、これが実現できたのは喜び。より多くの顧客が、EVを選択することにつながるだろう」と述べている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:6/13(火) 13:15
レスポンス