ここから本文です

「トップ・ハット」「雨に唄えば」などクラシックミュージカル映画23本を上映

6/13(火) 8:15配信

映画ナタリー

「ミュージカル映画特集II」と題された特集上映が、6月17日から7月7日にかけて東京・シネマヴェーラ渋谷にて行われる。

【写真】「でっかく生きる」(他21枚)

これは、1930年代から1950年代に作られたミュージカル映画を上映するもの。フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースのコンビによる「トップ・ハット」「有頂天時代」「踊らん哉」、ジーン・ケリー出演作「雨に唄えば」「踊る大紐育」「サマー・ストック」「でっかく生きる」「フォー・ミー・アンド・マイ・ギャル」、ウィリアム・シェイクスピア「じゃじゃ馬ならし」のミュージカル版で、コール・ポーターが音楽を手がけた「キス・ミー・ケイト」などアメリカ映画21本がスクリーンにかけられる。さらに、アメリカ修行の末帰国したダンサー・中川三郎と日系2世のジャズ歌手・ベティ稲田のコンビを主役に据えた「舗道の囁き」、日本初のミュージカルとされる「音楽喜劇 ほろよひ人生」の邦画2本を加えた全23本がラインナップされた。

そのほか、シンガーソングライターのコシミハル、評論家の瀬川昌久や蓮實重彦、芸能評論家・エッセイストの矢野誠一をゲストに迎えたトークショーも開催される。詳しくは劇場公式サイトで確認しよう。

ミュージカル映画特集II
2017年6月17日(土)~7月7日(金)東京都 シネマヴェーラ渋谷
料金:一般 1500円 / 会員、シニア 1100円 / 高校・大学生 900円 / 中学生以下 500円
※特別上映「舗道の囁き」「音楽喜劇 ほろよひ人生」は入替制で1本立て1100円。そのほかはすべて2本立て
<上映作品>
「突貫勘太」
「トップ・ハット」
「有頂天時代(1936年)」
「踊らん哉」
「青春一座」
「ストライク・アップ・ザ・バンド」
「踊るニューヨーク」
「フォー・ミー・アンド・マイ・ギャル」
「シンコペーション」
「集まれ、野郎ども!」
「姉妹と水兵」
「若草の頃」
「でっかく生きる」
「ニューオリンズ」
「イースター・パレード」
「踊る大紐育(ニューヨーク)」
「サマー・ストック」
「恋愛準決勝戦」
「雨に唄えば」
「キス・ミー・ケイト」
「バンド・ワゴン(1953年)」
「舗道の囁き」
「音楽喜劇 ほろよひ人生」

最終更新:6/13(火) 8:15
映画ナタリー