ここから本文です

カナダ、G20声明から「パリ協定」言及削除を提案との報道否定

6/13(火) 6:45配信

ロイター

[オタワ 12日 ロイター] - カナダ政府は12日、トルドー首相がトランプ米大統領に譲歩し、20カ国・地域(G20)の共同声明から気候変動の枠組み「パリ協定」に関する言及を削除することを提案したとする報道を否定した。

独誌シュピーゲルは10日、トルドー首相がメルケル独首相との電話会談で、こうした提案を行ったと報じた。ドイツは来月開催のG20サミットの議長国を務める。

トランプ大統領は今月、パリ協定からの離脱を表明している。

カナダ政府筋は匿名を条件に「これは間違いだ」と話した。

イタリアで開催された主要7カ国(G7)環境相会合に出席したカナダのマッケナ環境相は、「われわれは気候変動対策に完全にコミットしており、G20でも強力に取り組んでいく」とコメントした。

最終更新:6/13(火) 6:45
ロイター