ここから本文です

カナダドルが利上げ観測で急伸、ポンドは続落=NY市場

6/13(火) 6:45配信

ロイター

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 12日のニューヨーク外為市場では、ドルがポンドを除く主要通貨に対して下落。カナダドルは、7年ぶりの利上げが実施される可能性が浮上したため急伸した。

終盤のドル/円<JPY=>は0.5%安、ユーロ/ドル<EUR=>は0.1%高の1.1205ドル、ドル/カナダドル<CAD=>は1%安だった。

ポンド/ドル<GBP=>は直近が0.7%安の1.2650ドルと続落。先週の英総選挙で与党・保守党が過半数を割り込み、政治の先行き不透明感が広がった影響が尾を引いている。

カナダ銀行(中央銀行)のウィルキンス上級副総裁が、中銀は緩和規模の縮小を検討していると発言。これがカナダドルを押し上げ、主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.1%安となった。

ただ、ドルの値下がりは限定的だった。米連邦準備理事会(FRB)が13─14日に開く連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げに動くとの見方が市場で支配的だからだ。CMEグループのフェドウオッチによると、FRBが14日に利上げする確率をフェデラルファンド(FF)先物は約96%と見込んでいる。

FRBの利上げが予想される一方、欧州中央銀行(ECB)は先週の理事会で緩和政策を維持。今週会合を開くイングランド銀行(英中央銀行、BOE)と日銀も政策変更を見送り、米国と他の主要国の金利差は拡大すると目されることが、ドルを支えている。

ドル/円 NY終値 109.92/109.95

始値 109.94

高値 110.02

安値 109.63

ユーロ/ドル NY終値 1.1200/1.1206

始値 1.1216

高値 1.1232

安値 1.1193

(表はロイターデータに基づいています)

最終更新:6/13(火) 6:45
ロイター