ここから本文です

遠藤航「暑さは問題ないというかやるしかない」/日本代表

6/13(火) 14:06配信

ISM

 日本代表は13日、2018年W杯アジア最終予選でイラクと対戦する。以下は、試合前日のMF遠藤航(浦和)のコメント。

●遠藤航コメント

Q:芝の状態は?
「見た目は悪くないですけど、ボールの動かしでちょっと止まるというか、そういう感覚はあった。そこは注意しないといけない」

Q:風や暑さは?
「暑さは少しずつ慣れてきたので、問題ないというかやるしかない。そこは覚悟を持ってやりたいと思いますし、風は今日は強く感じました。そこも明日しっかり確認したい」

Q:山口選手が万全でなく、今野選手もケガ明けで期待される部分も?
「選ばれたからには常に試合に出る準備はしています。出る機会があれば、そのチャンスを掴めるプレーをしないといけないと思うし、準備はできていると思う。ピッチに立てば自分の良さを出していきたい」

Q:出場機会があれば久々だが、ブランクは?
「もちろん、あまりボランチはやっていないので、不安はありますけど、それを言い訳にはできない。出たからにはやるしかない。センターバックよりボランチはプレッシャーを受けやすいし、普段よりプレッシャーを感じると思うので、そこのフィーリングだけはしっかり、この試合までにボランチでやって感覚は掴みましたし、あとは試合の中で、ピッチのボールが止まるとことか、コンディションを考えながらやらないといけない。自分のよさである縦のボールはゲームの中でしっかり出していければ」

最終更新:6/13(火) 14:06
ISM