ここから本文です

本田&久保、W杯王手へ同時先発!

6/13(火) 6:04配信

スポーツ報知

◆2018年ロシアW杯アジア最終予選B組 イラク―日本(13日、イラン・テヘラン・パススタジアム)

 日本代表は13日、W杯最終予選でイラク代表と対戦する。イラクの政情不安により、試合は中立地のイラン・テヘランで開催。12日は試合会場で前日会見と公式練習が行われ、バヒド・ハリルホジッチ監督(65)はシリア戦(7日)から5つのポジションで選手を変更することが判明した。気温35度超の暑さでも動けるMF井手口陽介(20)を初先発で送り込むなど大胆な采配で勝利に導き、ロシアW杯出場に王手を掛ける。

 FW本田と久保が初めて同時先発する可能性が高まった。右FWを争うライバルでここ4試合は久保が先発の座を奪っていたが、ハリル監督は11日の戦術練習で右に本田、左に久保、中央に大迫を置く3トップをテストした。

 本田にとっては昨年11月の親善試合オマーン戦以来5試合ぶりの先発復帰となる。7日のシリア戦では後半から投入され、途中から右インサイドハーフでプレー。中盤でボールを収め、積極的な飛び出しからシュートを放つなどコンディションの良さも見せた。10日の練習後には「心理戦、駆け引きでも負けないように、僕のやるべきことは試合前も試合中も多いかなと思う」と、ピッチ内外でチームを先導することを示唆。試合のある13日は31歳の誕生日。9試合ぶりの得点で初の誕生日弾を狙う。

 久保はW杯最終予選で2戦連発中。左FWはハリル体制で初めてだが、今季途中まで所属していたスイス1部ヤングボーイズでは左FWで先発した試合で6得点を挙げるなど得意のポジションだ。「(前半だけで交代した)シリア戦はあまり良くなかったですけど、本番が大事なので」と原口の4戦に続く歴代2位タイの最終予選3戦連発に意欲。ハリル監督との個人面談で修正点も再確認し、準備は万端だ。(斎藤 成俊)

最終更新:6/14(水) 3:07
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ