ここから本文です

ヤマハ YZ450F、新エンジン&フレーム採用で戦闘力向上

6/13(火) 16:00配信

レスポンス

ヤマハ発動機は、市販モトクロッサー「YZシリーズ」の2018年国内仕様6機種を8月30日より発売する。

[関連写真]

トップエンドモデル『YZ450F』は、吸気ポート、ピストン、カムプロフィールなどを一新した新型エンジンを搭載し、パワー感、操作性などを向上。また、高剛性、軽量化を行った新設計のバイラテラルビーム・フレームを採用し、旋回性や走破性も高めている。

また、レース中での始動、再始動の容易化を図るためヤマハモーターサイクル初となる軽量リチウムイオンバッテリーを電源とするセルフスターターを採用。さらにスマートフォンできめ細かいエンジンセッティングができる新パワーチューナーを搭載した。外観では、ホリゾンタルラインを進化させ強調。連続したバンプの走行でも頭の位置を動かさず滑らかに走行するライダーのイメージを、新シート、低く設定したリアフェンダー位置などのバランスを整え表現した。

そのほかの5機種『YZ250F』『YZ250』『YZ125』『YZ85』『YZ85LW』はカラーリング&グラフィックの変更のみ。YZ450Fとのデザインリレーションを行った。

価格はYZ450Fが101万5200円、YZ250Fが77万7600円、YZ250が72万3600円、YZ125が61万5600円、YZ85が38万8800円、YZ85LWが39万9600円。なおYZシリーズはヤマハオフロードコンペティションモデル正規取扱店にて、6月13日から12月10日の期間限定で予約の受付を行い販売する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:6/13(火) 16:00
レスポンス

Yahoo!ニュースからのお知らせ