ここから本文です

RENA&MIO「7・7S―cup」へ意気込み 笑顔で必勝誓う

6/13(火) 15:43配信

東スポWeb

 シュートボクシング(SB)の「Girls S―cup 2017」(7月7日、東京ドームシティホール)に出場する“絶対女王”RENA(25)とMIO(22)が13日、都内で意気込みを語った。

 RENAは、対戦が決定したイリアーナ・ヴァレンティーノ(29=イタリア)について「素晴らしい選手。2人でメーンを締めくくりたいです。以前戦って、技術もあり、力強いパンチだなと思った」と評価。2015年大みそかのRIZINで対戦した際には、飛び付き腕十字で勝利したが「(今回は)ブレークがかかっちゃうのでしないです。いろんな技が進化しているので、仕留められるところで仕留めたい」と笑顔を見せた。

 一方、ハンナ・タイソン(25=ポーランド)と対戦するMIOは「血が飛び交うような激しい試合をするので、注目してほしいです」と猛アピール。昨年大みそかのRIZINでRENAがKO勝利した相手だけに「(RENAは)三日月蹴りできれいに倒していたので、それ以上の倒し方で倒したい」と鼻息を荒くした。

 併せて、RIZINで4連勝中のギャビ・ガルシア(31=ブラジル)も参戦し、SBルールでの初試合が組まれることも発表された。

最終更新:6/13(火) 15:54
東スポWeb