ここから本文です

大迫勇也「(ザック時代と比べて)今の方が自信はある」/日本代表

6/13(火) 14:10配信

ISM

 日本代表は13日、2018年W杯アジア最終予選でイラクと対戦する。以下は、試合前日のFW大迫勇也(ケルン/ドイツ)のコメント。

●大迫勇也コメント

Q:イラクは長身のDFもいるようだが、相手の攻略法は?
「多分そんなに大きくないんじゃないですか、登録よりは。そういうところは結構あるので。ドイツの方が確実に大きいので、気にならないです」

Q:ゴールが課題と言っていたが、その部分がメイン?
「今は僕が起点を作って、両サイドがゴール前に入ってきて点を取るという形になっている。もっと違う形も作っていきたいし、サイドで起点を作って僕がゴール前に入る形もやっていかないといけないのかなとは考えてます。監督ともそれは話してます」

Q:シリア戦でインサイドハーフに本田選手が入り、2人はいい関係ができたと思うが、ザック時代と比べると?
「あそこで起点ができるのは僕としてもすごく助かること。もっとゴール前に専念できると思うし、あの時と比べて僕も今の方が自信はあるので、そこでお互いが生きてくればいい」

最終更新:6/13(火) 14:11
ISM