ここから本文です

韓国貿易協会 中国にFTA貿易促進団派遣

6/13(火) 11:00配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国貿易協会は13日、中国に「韓中自由貿易協定(FTA)貿易促進団」を派遣したと発表した。

 中小輸出企業25社からなる促進団は12日に中国入りした。16日まで成都、武漢など中西部地域を訪れ輸出商談会を開く。

 米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備をめぐり韓中関係が悪化後、貿易協会が中国にFTA貿易促進団を派遣したのは初めて。

 13日は成都で約100人の中国バイヤーが韓国企業と1対1のビジネス商談を行った。15日に武漢でも商談会が行われる予定。

 貿易協会は2001年に北京と上海に使節団を派遣したのをはじめ、これまで34回にわたり958社を中国に派遣するなど中小企業の中国進出を支援している。

 同協会の金正寛(キム・ジョングァン)副会長は「厳しいときこそ積極的に中国市場の門をたたき、両国関係の雪解けに備えるべきだ。促進団の行事に多くのバイヤーが出席したのは韓国との経済交流に対する中国側の関心が依然高いことを意味する」と述べた。

最終更新:6/13(火) 11:24
聯合ニュース