ここから本文です

【投資のヒント】一年を通して業績の上振れが続いた銘柄は

6/13(火) 18:20配信

ZUU online

日本経済新聞の集計によると上場企業の2017年3月期の決算は急ピッチで進んだ円高の影響で売上高が前の期に比べ減収となったものの、2年ぶりに増益となりました。期初には3%を切る増益予想だったものが、上振れて7%余りの経常増益での着地となっています。このため四半期決算のたびに業績予想の上方修正を繰り返してきた銘柄もなかにはみられます。

そこで今回は前期に三度も上方修正をしながらその予想をさらに上回る実績を残した3月決算銘柄をピックアップしてみました。

例えば上方修正を繰り返してきたファナック <6954> ですが、前期の営業利益の実績は第3四半期時点での会社予想をさらに1割近く上回っています。また、三菱瓦斯化学 <4182> の実績は期初予想の2倍近い水準での着地となっています。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

最終更新:6/13(火) 18:20
ZUU online

チャート

ファナック6954
21845円、前日比+130円 - 6/26(月) 15:00

チャート

三菱ガス化学4182
2276円、前日比+4円 - 6/26(月) 15:00