ここから本文です

韓米拡大抑止協議の準備会合 ソウルで開催=米高官が出席

6/13(火) 11:20配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】米国のフリート国務次官補代行(軍備管理・検証・順守担当)は13日午前、ソウルの外交部庁舎を訪れ、韓米の外交・国防高官級による拡大抑止戦略協議体(EDSCG)会議を開催するための準備会合を韓国政府関係者と開いた。

 双方は非公開の準備会合で、次回のEDSCG会議の日程や具体的な案件などを話し合ったとされる。

 韓国外交部の当局者は前日、会合について「純粋に高官級会議の準備が目的」だと説明していたが、米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備問題も議題に上ったとみられる。

 高官級EDSCG会議は、米国の核兵器による「核の傘」を含む拡大抑止の実行力を高める目的で、昨年10月の韓米外交・国防閣僚会議(2プラス2)で新設に合意した協議体。同年12月に米ワシントンで初会議が開かれ、米戦略兵器の朝鮮半島常時配備の方針が再確認された。

 今年3月にティラーソン米国務長官が来韓した際、韓米は次回のEDSCG会議を早期に開催することで一致した。

最終更新:6/13(火) 11:32
聯合ニュース

Yahoo!ニュースからのお知らせ