ここから本文です

御殿場の観光施策学ぶ ドイツから議員団 富士山活用

6/13(火) 8:11配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 日本の観光振興策や財政施策を学ぶため国内を訪れているドイツ・ザクセン州の議員団10人が12日、御殿場市を視察した。市役所に若林洋平市長を表敬訪問し、富士山を生かした市の観光施策について説明を受けた。

 若林市長は「御殿場には産業や農業などさまざまな柱があるが、今後一番伸びるのは観光」と強調。「スポーツをはじめとした体験型ツーリズムの力を入れている」と市の方針を伝え、富士山が描かれた風呂敷を議員団に贈った。

 議員団代表のイェンス・ミシェルさんは視察地に同市を選んだ理由として、誘客に熱心で、観光資源に豊富な点を挙げ「年間訪問者数の多さなどの秘訣(ひけつ)を知りたい」と語った。

 市観光交流課は富士山を活用した観光への取り組みの事例などを議員団に紹介した。

静岡新聞社