ここから本文です

「ドラゴンボール」格ゲー最新作が超進化 3Dアニメと2Dアニメが融合したド迫力演出がすごい

6/13(火) 10:00配信

ねとらぼ

 バンダイナムコエンターテインメントは、人気シリーズ「ドラゴンボール」の新作ゲーム「ドラゴンボールファイターズ(DRAGON BALL FighterZ)」のトレーラー映像を公開しました。今作は「GUILTY GEAR」のアークシステムワークスの開発により、3Dアニメと2Dアニメが融合したド迫力の映像を実現。この戦いには誰もが熱くならざるを得ない!?

【画像:シームレスに3D演出へ移行するのがカッコいい】

 ゲームシステムは2D格闘ゲームをベースにしつつ、キャラクターには3Dモデルを使った、いわゆる「2.5D」格闘ゲーム。ドラゴンボールで2D格闘というと、1993年にスーパーファミコンで発売された「ドラゴンボールZ 超武闘伝」シリーズや、2015年にアークシステムワークスが3DS用に開発した「ドラゴンボールZ 超究極武闘伝」を思い起こさせます。近年のドラゴンボールのゲームは3D空間を動き回るものが主流でしたが、今回再び2D格闘画面が復活することとなりました。

 やはり、なんといっても目を引くのは、手書きアニメのような緻密な演出が3Dモデルのプレイ画面と自然に融合している点。アークシステムワークスといえば「GUILTY GEAR Xrd -SIGN-」で2Dと3D表現を合わせたことで大きな話題となりましたが、今回その表現がさらに進化。ドラゴンボールの迫力バトルを再現した新感覚の映像となっています。

 映像中では、悟空や悟飯のほか、ベジータやフリーザ、セル、魔神ブウなどのキャラクターが登場。さらに、映画「復活の『F』」で登場し、テレビアニメ「ドラゴンボール超」にも登場しているゴールデンフリーザの姿も見られます。また、バトルシステムには3対3のチームバトルを採用。キャラクターの入れ替わりを使った多人数の混戦も実現されました。

 ゲームが発表された直後から、SNSやYouTubeでは世界各国のドラゴンボールファンから続々と熱い期待の声が集まっています。「ドラゴンボールファイターズ」の対応プラットフォームはXbox OneとPlayStation 4、海外のみSteamでも配信。発売は2018年初頭を予定しています。どんな戦いができるのか、オラ今から待ちきれねぇぞ!

(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

最終更新:6/13(火) 10:00
ねとらぼ