ここから本文です

芸術家ジャコメッティの苦悩描く人間ドラマ公開、監督はスタンリー・トゥッチ

6/13(火) 12:01配信

映画ナタリー

芸術家アルベルト・ジャコメッティを描いた「Final Portrait(原題)」が、2018年1月に公開されることが決定した。

【写真】アルベルト・ジャコメッティの作品「歩く男1」。(他2枚)

20世紀に活動したスイス出身のジャコメッティは、針金のような長く引き伸ばされた人物彫刻で知られている。「Final Portrait」は、彼が晩年に制作した肖像画のモデルによる回想録「ジャコメッティの肖像」を原作としたヒューマンドラマ。最後の肖像画を制作する過程で苦悩するジャコメッティの姿と、彼の意外な素顔が描かれる。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのバルボッサ役で知られるジェフリー・ラッシュがジャコメッティを、「ソーシャル・ネットワーク」でウィンクルボス兄弟を演じたアーミー・ハマーが肖像画モデルのジェイムズ・ロードに扮している。

「プラダを着た悪魔」「ラブリーボーン」などに出演するスタンリー・トゥッチが監督を務めた「Final Portrait」は、TOHOシネマズ シャンテほか全国で順次ロードショー。なお明日6月14日からは、東京・国立新美術館にてジャコメッティの作品約130点を集めた「ジャコメッティ展」も開催される。

(c) Final Portrait Commissioning Limited 2016

最終更新:6/13(火) 12:01
映画ナタリー