ここから本文です

ダチョウ倶楽部の肥後&上島が「月笑」で漫才、熟練した掛け合いで爆笑誘う

6/13(火) 12:32配信

お笑いナタリー

昨日6月12日、「太田プロライブ 月笑」が初めて東京・イイノホールで開催された。



【写真】GIコーナーでネタを披露するアイデンティティ。(他36枚)

「月笑」は、太田プロで一番面白いネタをする芸人を決めるライブ。1年を通して定期的に実施され、12月には年間チャンピオンを決定するクライマックスシリーズが行われる。これまで東京・新宿明治安田生命ホールで実施されきたが、同ホールの閉館にともない、今回から会場をイイノホールに移している。

昨日の「月笑」では、つるの剛士と笹木香利によるMCのもと、「GI」「GII」にクラス分けされた芸人たちが漫才やコントを披露。観客投票の結果、GIではアイデンティティ、GIIではパニーニが1位を獲得している。さらにアンバランスらレギュラー枠の芸人や、もりせいじゅ、四千頭身、ヤーレンズ、柳原可奈子、山田邦子といったゲスト陣も自慢のネタで会場を盛り上げた。

その中でも特に客席を沸かせたのは、ダチョウ倶楽部の肥後と上島によるスペシャルユニット「中野カウボーイ」。新宿カウボーイのネタをベースに、「友達でーきーたー」「くるりんぱ」などの持ちギャグを次々と展開した。ネタ後には、つるのから「ジモンさんはどうしたんですか?」との質問が。これに対し上島は「限りなくグレーな社長と香港に行ってるんで……」と答えて笑いを誘う。またここでは、ライブを観るために会場に駆けつけていた土田晃之もステージ上に現れ「今日はうまい酒が飲めそうですね」と、熟練した掛け合いで爆笑をさらった中野カウボーイを称えていた。

ライブのエンディングでは上島と山田邦子がおなじみの“おでん芸”を披露することに。顔面に大きなこんにゃくをつけられた山田は「ギャー!」と派手なリアクションを見せていた。続いてステージには大きなケーキが運ばれてくる。これは、翌日に誕生日を控えた山田をサプライズで祝うために用意されたもの。当の本人は慌ただしいステージ上の様子に苦笑いを浮かべつつも「ありがとうございます!」と感謝を述べ、最後はインスタントジョンソンゆうぞうが「おめでとちゃ~ん!」との祝福コメントでライブを締めくくった。

最終更新:6/13(火) 12:32
お笑いナタリー

Yahoo!ニュースからのお知らせ