ここから本文です

テニス=全仏王者ナダル、「芝コートでのプレーは困難」

6/13(火) 11:01配信

ロイター

[パリ 12日 ロイター] - テニスの全仏オープン、男子シングルス王者のラファエル・ナダル(31、スペイン)は、ひざをけがして以来、芝コートでのプレーが困難になったと明かした。

ナダルは11日、全仏オープンのシングルス決勝でスタン・バブリンカ(スイス)を下し、同大会通算10回目の優勝を達成。最新の世界ランキングで2014年以来、最高位の2位に浮上した。

ナダルは2008年と2010年、全仏オープンを制した後にウィンブルドン選手権でも優勝。今年もウィンブルドンでの優勝に期待がかかるが、ナダルは「ひざの問題を抱えるようになった2012年以降、芝コートでのプレーがとても困難になった」とコメント。

「芝コートでは低い姿勢でプレーしなければならず、安定感が減る」としながらも、「芝でプレーするのは好きだ。モチベーションは高まっている」と意欲を示した。

最終更新:6/13(火) 11:01
ロイター