ここから本文です

阪神・糸井が左太もも裏再検査 金本監督、スタメン出場は「無理」

6/13(火) 7:00配信

サンケイスポーツ

 9日に左太もも裏を痛めた阪神・糸井嘉男外野手(35)のスタメン復帰が交流戦明けとなる23日の広島戦(マツダ)以降になる見通しであることが12日、分かった。金本知憲監督(49)が明かした。攻撃力のダウン必至で西武、楽天と続く交流戦ラスト6連戦に挑む。

 しばらく、糸井不在-。交流戦も残り6戦。2年ぶりの勝ち越しを狙う虎が、西武、楽天戦を前に現実を突きつけられた。超人のスタメン起用の可能性を聞かれた金本監督が眉根を寄せた。

 「わからん。まぁ、それ(スタメン出場)は無理じゃないか」

 甲子園での6連戦であるため、DHはない。福岡市内の病院では「左太もも裏の軽い筋挫傷」と診断され、前日11日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)では代打登場するぐらいまで回復しているが、長いシーズンを想定し、絶対に無理はさせられないという方針だ。

 「様子をみてやね。状態と。検査いくんじゃないかな」

 この日、再検査した糸井を指揮官は気遣った。代役は中谷や俊介らになりそうだが、福岡での3連戦で3番・高山、4番・福留、5番・原口が計32打数1安打とだったように、糸井の穴を攻撃陣全体で埋められていないのは気がかりだ。

 首位広島と2ゲーム差。「もちろん。2つ(カード)とも、勝ち越しで」と虎将。糸井さん、ゆっくりしていてください! そういえる若手の台頭が望まれる。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 7:25