ここから本文です

イラン、アジア一番乗りでロシアW杯出場権獲得!ウズベクを2―0で下す

6/13(火) 7:28配信

スポーツ報知

◆ロシアW杯アジア最終予選A組 イラン2―0ウズベキスタン(12日、アザディ・スタジアム)

 勝てばW杯出場権を獲得するA組首位のイランは3位のウズベキスタンとホームのテヘランで対戦した。前半23分にFWサルダール・アズムン(ロストフ=ロシア)が決めて、先制。この試合最初の決定機をイランがものにした。後半5分にはMFマスード・ショジャエイ(パニオニオス=ギリシャ)がPKを失敗したが、同43分にFWメフディ・タレミ(ペルセポリス)が追加点。イランが2―0で勝利した。

 勝ち点を20に伸ばしたイランは、3位で勝ち点12のウズベキスタンが残り2戦全勝しても届かないため、A組2位以上が確定。アジア一番乗りでW杯切符をつかんだ。

 開催国のロシア、南米予選の突破を決めているブラジルに次ぐ、3番目のW杯出場権獲得となった。

最終更新:6/14(水) 4:06
スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報