ここから本文です

広島ファンの角川博 低迷・巨人に「気の毒だな」

6/13(火) 19:53配信

東スポWeb

 演歌歌手の渥美二郎(64)、角川博(63)らが13日、都内でチャリティーコンサート「人仁(にんじん)の会」を行った。

 阪神・淡路大震災の震災遺児就学支援を目的に1995年にスタート。毎年1回開催し、11年以降は東日本大震災、昨年、発生した熊本地震の被災者へも義援金を送っている。今回は9人の歌手が参加しており、渥美は「ノーギャラですが、駆けつけてくれるのはうれしい。年に1回、この日が来るのを楽しみにしている」と開催できたことに笑顔を見せた。

 ステージではそれぞれの代表曲や、昭和の名曲のカバーなど計40曲を熱唱。角川は「震災など、こういうことは起きてほしくないけど、皆さんに笑顔を届けられるように、これからも笑顔で歌っていきたい」と殊勝に語ったかと思えば「こうやってみんなが集まって、いろんなことが生まれるのも、この『にんしんの会』ですから」と冗談も交えた。

 また、広島出身で根っからの広島カープファンで知られる角川は、この日は真っ赤なスーツで登場。「カープは首位だし、赤は元気になる。この色は闘争心ですよ。燃える赤。広島カープですよ」と意気揚々。球団記録を更新する13連敗を喫した巨人には「気の毒だな。本当は巨人が強くないと面白くないんだよね」と心配しつつも「現状は現状だから」とも話した。

最終更新:6/13(火) 19:53
東スポWeb