ここから本文です

【ユニコーンS】近年の流れは「青竜S組」から

6/13(火) 21:15配信

東スポWeb

【ユニコーンS(日曜=18日、東京ダート1600メートル)過去10年ワンポイント】過去10年の単勝1番人気は〈5・3・0・2〉で、連対率80%と信頼度は高い。さらに2番人気〈2・4・1・3〉、3番人気〈3・1・3・3〉と、ともに複勝率70%のハイアベレージを誇り、馬券圏内30頭中、1~3番人気が実に22頭を占めている。

 堅い決着が多い割には王道路線的なものがなかったが、同舞台、中4週と理想的なステップになり得る青竜Sがその筆頭候補になりつつあり、近2年では実に4頭を馬券圏内に送り込んでいる。

 今年の青竜Sは上位3頭(サンライズソア、ハルクンノテソーロ、シゲルベンガルトラ)が7→8→6番人気で決まる波乱決着も、近年の流れを重視して、今年も青竜S組買いのスタンスを取りたい。

最終更新:6/13(火) 21:15
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ