ここから本文です

<パンダ>赤ちゃん誕生、都内の経済効果は年間267億円

6/13(火) 15:00配信

毎日新聞

 関西大は、上野動物園でジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生したことによる東京都内の経済効果は1年間で約267億円に上るとの宮本勝浩名誉教授(理論経済学)の試算を発表した。

 ◇関西大名誉教授が試算

 試算では、入園者数は2016年度の384万3200人から1.5倍近い565万7190人に増えると見込み、入園料やグッズの売り上げ増などの効果を盛り込んでいる。

 宮本名誉教授は、16年にプロ野球・広島が25年ぶりのリーグ優勝を果たした時の経済効果を約331億円と試算。これに匹敵する規模だとして「小さなパンダの赤ちゃんが生み出すのは素晴らしい」と評価している。【五味香織】

最終更新:6/13(火) 15:00
毎日新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ