ここから本文です

広島・鈴木誠也より入団時に評価の高かった同級生の今

6/13(火) 14:00配信

デイリースポーツ

 交流戦も残すところ2カードになった。広島は育成からはい上がったバティスタ外野手が、この交流戦で初打席から2打席連続本塁打を放つなど、華々しいデビューを飾った。昨年の交流戦では、鈴木誠也外野手が2試合連続サヨナラを含む3試合連続決勝本塁打を放ち大ブレーク。レギュラーの座をつかむとともに今年はWBC日本代表に選ばれ、好調カープの4番を打つなど、押しも押されもせぬ球界を代表する選手に成長した。

【写真】誠也また神った!オリックス戦でサヨナラ弾

 鈴木は、2012年度ドラフト2位で入団。このドラフト会議で広島は1位に森雄大投手(楽天)を入札したが抽選で外れ、外れ1位で増田達至(西武)を入札も、こちらも抽選で外した。そして外れ外れ1位で高橋大樹外野手を指名。高校生野手として鈴木も評価は高かったが、知名度を考慮し高橋、鈴木の順番で高校生野手を1、2位で指名した。

 高橋は龍谷大平安で高校通算43本塁打、甲子園にも出場した右の大砲。12年限りで現役を引退した石井琢朗コーチが付けていた背番号25を与えられた。

 高校生ルーキーとして同じプロの世界に飛び込んだ2人。鈴木は入団時、あこがれの選手に堂林翔太の名前を挙げ、ライバルを高橋大樹と言った。ドラフト上位の同級生、ライバル心を燃やすのも当然だろう。プロ1年目、身体能力の高い鈴木は強化指定選手として2軍で鍛え上げられた。内野、外野を守り適性を見極められ、1年目から1軍にも昇格した。

 一方の高橋は1年目は2軍暮らしが続いた。しかし、2年目には強化指定選手となり春先から本塁打を量産。6月の交流戦中に1軍初昇格を果たすと同時に、6月18日・楽天戦(マツダスタジアム)で「8番・DH」でプロ初スタメンも経験した。第1打席で鋭い当たりの左飛を放ち、ファンから大きな拍手を送られた。しかし、2試合6打数無安打3三振で2軍に降格。それ以降、1軍に呼ばれることはなかった。1年目から順調に成長する鈴木とは対照的に、15年オフには背番号25を広島に復帰し大活躍した新井貴浩内野手に譲り、背番号50となった。

 1軍に昇格した14年について高橋は「あのときはただ振っていただけですから」と振り返った。今キャンプでは背番号を譲ることになった新井からアドバイスももらった。2軍ながら4月中は打率3割をキープ。バットを立て大きく構えていた打撃フォームは少し小さくなった。「こっちの方が確実性が増すので」と試行錯誤を繰り返している。現在はウエスタン・リーグで打率・248、3本塁打(6月12日現在)。決して好成績とはいえない。

 同期の鈴木について「誠也は代表にも行っているから」と目に入らない。それより「まずは身近な人を追い越していかないといけない。下水流さんを抜かないといけない」。2軍の同じ右の外野手をライバルに挙げた。現在は鈴木があこがれの選手として名前を挙げた堂林も2軍で虎視眈々(たんたん)と1軍昇格を目指す。右の大砲として期待され5年目。大学出の新人と同級生でもある。自分の置かれた立場を理解し、ライバルひしめく2軍で同期に一歩でも近づこうと、高橋は懸命に汗を流している。(デイリースポーツ・岩本 隆)

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 11:20