ここから本文です

ドキュメンタリー映画「盧武鉉です」 海外でも人気

6/13(火) 16:30配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の故盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領のドキュメンタリー映画「盧武鉉です」(原題)が、海外でも反響を呼んでいる。

 映画会社によると、同作は米国での上映館が増えている。カリフォルニアのブエナパークで2日に公開されたのに続き、9日にロサンゼルスでの上映が始まった。ダラス、サンフランシスコでの上映も予定されている。

 オーストラリア、ニュージーランド、英国など米国以外の国でも韓国系を対象とした上映会が開かれる予定だ。

 同作は、盧氏が2002年の大統領選を前に行われた新千年民主党の国民参加型予備選挙に出馬し、支持率2%から党の候補の座を射止めるまでのドラマを描いた。当時の予備選の映像・資料や文在寅(ムン・ジェイン)大統領をはじめとする盧氏の周辺人物39人のインタビューを交え「人間・盧武鉉」について語っている。

 韓国では公開初日の先月25日に観客7万8397人を動員。韓国ドキュメンタリー映画の公開初日の動員数としては過去最高を記録した。公開10日目の今月3日には動員数の累計が100万人を超えた。公開10日目での100万人突破は韓国ドキュメンタリー映画では最短となる。

最終更新:6/13(火) 21:46
聯合ニュース