ここから本文です

赤ちゃんパンダに上野うれしさ格別 あめ配布・ポスターでお祝い

6/13(火) 7:55配信

産経新聞

 上野動物園(台東区)で5年ぶりにジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生し、地元商店街や商業施設では「はじめまして」「誕生おめでとう」と書かれたお祝いのポスターが貼り出されるなど喜びと歓迎ムードが広がった。

 上野で約90年続く茶問屋の堀内進さん(74)は「うれしさは格別。上野のシンボルとして、歴代のパンダのように多くの人に愛されながら元気いっぱい育ってほしい。地域も活気づくと思う」と話した。

 百貨店の松坂屋上野店では、誕生記念としてパンダ柄のあめを用意し先着200人に配布。買い物客らが並び、開始わずか5分でなくなった。あめを手にした文京区の小学1年、小宮山美空さん(7)は「動物の中でパンダが一番好き。赤ちゃんは図鑑でしか見たことがないので、どれほど小さいのか、大人のパンダと比べてみたい」と興味津々の様子だった。上野観光連盟によると、13日以降、同店をはじめ周辺の個人商店でも記念セールを実施予定という。

 台東区の服部征夫区長も12日、「誕生を心待ちにしてきた区民にとって大変喜ばしい。関係団体と協力して区の魅力創出に努める」とのコメントを発表した。

最終更新:6/13(火) 8:26
産経新聞