ここから本文です

愛之助、アキラ100%にならい愛之助100%に挑むも「至難の業」

6/13(火) 15:34配信

デイリースポーツ

 歌舞伎俳優の片岡愛之助が12日深夜、TBS系で放送された「Momm!」で、ブレイク前のアキラ100%との友情秘話を告白。また愛之助は、アキラ100%の指導で「愛之助100%」に挑戦したことも明かした。

【写真】アキラ100%、中学校の先輩はあの超人気落語家!

 番組ではアキラ100%をゲストに迎え、ここまでの苦労話などを聞いていたが、その中で裸芸人になった直後から応援しているタレントとして愛之助が紹介された。

 愛之助は「某番組に呼ばれた時にアンケートで会いたい芸能人はってあるじゃないですか。会いたい人っていないなあと思っていたら、あ、いた、アキラ100%さんやと」とリクエストし、対面が実現。アキラ100%は、愛之助が自身を知っていることに「関西の番組で若手がネタをやる回があって、僕のネタを見ていただいていたみたいで」と説明した。

 当時はもちろんまったく無名。それでも愛之助は「本物が見られるってテンション上がりましたよ」と大興奮。そこから付き合いが始まったという。

 愛之助は、自身の歌舞伎公演の際、アキラ100%から「楽屋にごっつい大きな3本立ての胡蝶蘭を贈って下さって。ビックリしました」と述懐。収入も厳しかったに違いない無名時代の思い切った心遣いに「すごいなあ、この人って。絶対成功するなと思っていたらやっぱり大成した」と振り返った。

 また、愛之助は本家の指導の下「愛之助100%もやらせていただいたことがある」と、裸芸に挑戦した過去も吐露。「もちろん隣に(アキラ100%は)いて一緒にやってくれましたが、無理でした。見てるよりやる方が難しい」としみじみ。「あのスピードで(お盆を)返すのは至難の業。男性なら分かると思いますが、危険な感じがするので、思い切って返せない」と、お盆芸の難しさを強調していた。