ここから本文です

たけし毒舌ジョーク「北野教」つくる…「数珠、壺売って、若いタレント入れて」

6/13(火) 15:48配信

デイリースポーツ

 ビートたけし(70)が13日、都内で行われた「アンファー30周年企業発表会」に出席した。同社の新CMキャラクターを務めているたけしは、未来の計画について質問され、北野教をつくるとブラックジョークで応じた。

【写真】トム・クルーズはサイエントロジーの信者

 自身の描く、未来計画についての質問に、得意の毒舌で応じた。「数珠を1500万ぐらいで売って、つぼを売って。若いタレントを北野教に入れて、芸能界をやめて北野教に戻りますという体制を敷きたいと思っております。がんが治ったり、家出した女房が戻ったり、と…。広告を出しますので」とまくしたてた。

 信者はどれぐらい集まりそうかと問われると、「ああいう商売は信者は10人いれば十分ですから」と答えて笑いを引き出した。「すぐできそうですね」と反応した司会者には「すぐバレますから」とひと言。たまらず司会者は「深掘りしづらいので次に行きたいと思います」と流していた。

 なお、たけしは1993年に公開された映画「教祖誕生」の原作を務め、うさんくさい新興宗教団体の教祖をでっち上げる男を自ら演じている。